施工実績

雨漏り工事

すでに起こってしまった雨漏りは、被害を最小に押さえるために早く正確に対応しなくてはいけません。雨漏り直し隊は専門職人が雨漏りの原因をすばやく突き止め、再発しないよう適切に処置いたします。
また、雨漏りチェックの目安は築10年から。10年経つとどうしてもどこかしら傷んで来るものです。痛みの予兆を見逃さないために、定期的な雨漏りチェックをおすすめします。

熊本市東区 SGL金属屋根材にてカバー工法葺き替え+太陽光発電システム設置工事を行いました

熊本市東区 K様邸
築25年くらい 屋根:コロニアル(複数箇所割れ・カケあり。雨漏りは無し)

お客様の最初の希望は、割れているコロニアルを差し替えして、屋根を綺麗にしたいということでした。

モニエル瓦屋根をROOGA鉄平にて葺き替えリフォーム工事施工しました

梅雨が明けましたが今年は「戻り梅雨」という新しいワードが出てきて、天気の悪い日がまだまだ続きそうですね。強い雨が続くと問い合わせも増えますが、中々工事も消化出来ませんし、仕事が詰まってしまうので嫌な季節です。

コロニアル屋根をガルバニウムカバー工法にて葺替え

阿蘇の山の中にある別荘地の地区0年以上の住宅。
数カ所からの雨漏りがあり、コロニアルもかなり劣化が進んでいて、部分補修よりもカバー工法にての工事を提案させていただきました。
今回使用した屋根材は、ガルバニウム金…

台風が来ても安心な強力棟へ取り直し

雨漏り調査の依頼を受け現調させていただきました。
原因は隅棟の土台の劣化と、土台劣化からの瓦のズレが見られました。
昔の工法は棟の下の土台は赤土や漆喰をよく使われています。長い年月により劣化してヒビがはいる、地…

谷板金からの雨漏り

雨が続いてますが普段雨漏りしない家でも豪雨の時に雨漏りするケースはよくあります。
最近も雨漏りの問い合わせが多くなってますが、そんな中でも特に多い雨漏りの事例は、谷周りからの雨漏りです。
銅板の谷は20年も経つ…

谷板金交換工事

梅雨時期は雨漏りの修理の依頼が多くなりますが、その中で特に多い雨漏りの原因は、谷板金の劣化(穴あき)による雨漏りです。
20年くらい前の頃は銅板が主流でしたが、銅は経年劣化により腐食していき、穴があいて雨漏りの原因となります…

屋根工事

屋根工事なら雨漏り直し隊へ!お客様第一の姿勢で、屋根トラブルを解決します!
雨漏り・瓦差し替え工事・雨樋修理・トップライト(天窓)修理・谷交換・漆喰修繕・瓦吹き替え、あらゆる工事をお受け致します。
見積もり無料。まずはお問い合わせください。

熊本市東区 SGL金属屋根材にてカバー工法葺き替え+太陽光発電システム設置工事を行いました

熊本市東区 K様邸
築25年くらい 屋根:コロニアル(複数箇所割れ・カケあり。雨漏りは無し)

お客様の最初の希望は、割れているコロニアルを差し替えして、屋根を綺麗にしたいということでした。

モニエル瓦屋根をROOGA鉄平にて葺き替えリフォーム工事施工しました

梅雨が明けましたが今年は「戻り梅雨」という新しいワードが出てきて、天気の悪い日がまだまだ続きそうですね。強い雨が続くと問い合わせも増えますが、中々工事も消化出来ませんし、仕事が詰まってしまうので嫌な季節です。

コロニアル屋根をガルバニウムカバー工法にて葺替え

阿蘇の山の中にある別荘地の地区0年以上の住宅。
数カ所からの雨漏りがあり、コロニアルもかなり劣化が進んでいて、部分補修よりもカバー工法にての工事を提案させていただきました。
今回使用した屋根材は、ガルバニウム金…

台風が来ても安心な強力棟へ取り直し

雨漏り調査の依頼を受け現調させていただきました。
原因は隅棟の土台の劣化と、土台劣化からの瓦のズレが見られました。
昔の工法は棟の下の土台は赤土や漆喰をよく使われています。長い年月により劣化してヒビがはいる、地…

その他工事

住居・外構・庭まわりの工事なら何でも対応可能です。ごく一部の防水工事や雨樋補修・壁紙の張替え・住まいの補強工事・てすりの取り付け・コンクリートの流し込みなど、どこに相談してよいかわからないお困りごとは、雨漏り直し隊にお問い合わせください。

リフォーム

雨漏り直し隊では本格リフォームも対応いたしております。間取り変更を含む全面改修工事からマンション改装まで、幅広く対応いたします。ぜひ施工実績を御覧ください。

熊本市東区 SGL金属屋根材にてカバー工法葺き替え+太陽光発電システム設置工事を行いました

熊本市東区 K様邸
築25年くらい 屋根:コロニアル(複数箇所割れ・カケあり。雨漏りは無し)

お客様の最初の希望は、割れているコロニアルを差し替えして、屋根を綺麗にしたいということでした。

モニエル瓦屋根をROOGA鉄平にて葺き替えリフォーム工事施工しました

梅雨が明けましたが今年は「戻り梅雨」という新しいワードが出てきて、天気の悪い日がまだまだ続きそうですね。強い雨が続くと問い合わせも増えますが、中々工事も消化出来ませんし、仕事が詰まってしまうので嫌な季節です。

コロニアル屋根をガルバニウムカバー工法にて葺替え

阿蘇の山の中にある別荘地の地区0年以上の住宅。
数カ所からの雨漏りがあり、コロニアルもかなり劣化が進んでいて、部分補修よりもカバー工法にての工事を提案させていただきました。
今回使用した屋根材は、ガルバニウム金…

台風が来ても安心な強力棟へ取り直し

雨漏り調査の依頼を受け現調させていただきました。
原因は隅棟の土台の劣化と、土台劣化からの瓦のズレが見られました。
昔の工法は棟の下の土台は赤土や漆喰をよく使われています。長い年月により劣化してヒビがはいる、地…

陶器平板防災瓦にて葺替え

セメント瓦から陶器平板防災瓦へ葺替え

築25年以上のセメント瓦屋根を陶器平板防災瓦へ葺替え。
中古物件を買われたお客様からの依頼。
数箇所の雨漏りがあり、塗装も色落ちし、全体的に古い家の印象なので、葺替えを検討されていました。
これか…

お電話でのお問い合わせはこちら

tel:096-388-8281