台風が来ても安心な強力棟へ取り直し

工事種別 : 

施工内容

雨漏り調査の依頼を受け現調させていただきました。
原因は隅棟の土台の劣化と、土台劣化からの瓦のズレが見られました。
昔の工法は棟の下の土台は赤土や漆喰をよく使われています。長い年月により劣化してヒビがはいる、地震や台風で破損したり剥がれ落ちたりする、など耐久性は長く持たないので、雨漏りの原因となります。
今回の改修工事では、棟瓦を解体し→漆喰土台を解体・清掃→強力棟金具を棟芯に取付→芯材に棟木を固定→乾式棟シート取付→棟瓦をパッキン付きステンビスにて固定。
という工事を行いました。

うちの会社ではこの工事を『乾式工法 強力棟取り直し工事』と言います。この工法は現行の新築工事でも使われていて、土を使わないので屋根の軽量化にもなり、乾式棟シートは耐久性に優れており、災害にも強いです。

屋根に不安をお持ちの方はお気軽にご相談ください。

お客様の声

雨漏りしてからの依頼でしたが、屋根全体の棟を乾式工法 強力棟に取り直ししてもらいました。
台風や大雨の時はいつも不安でしたが、この工事をしてもらってからは安心です。
というお喜びのお言葉を頂きました。
長く住むマイホームですから、今後とも住む方の安心できる屋根作りを目指していきます。

施工のポイント

今回の工事では、既存の瓦をそのまま使って葺き戻しましたが、棟下の三角にカットしてある桟瓦は、ドリルにて穴を空け、ステンレスビスにて全ての瓦を固定しています。
棟瓦もパッキン付きステンビスを全枚数2本ずつ固定してますので、台風が来てもびくともしません。

その他の雨漏り工事

コロニアル屋根をガルバニウムカバー工法にて葺替え

阿蘇の山の中にある別荘地の地区0年以上の住宅。
数カ所からの雨漏りがあり、コロニアルもかなり劣化が進んでいて、部分補修よりもカバー工法にての工事を提案させていただきました。
今回使用した屋根材は、ガルバニウム金…

台風が来ても安心な強力棟へ取り直し

雨漏り調査の依頼を受け現調させていただきました。
原因は隅棟の土台の劣化と、土台劣化からの瓦のズレが見られました。
昔の工法は棟の下の土台は赤土や漆喰をよく使われています。長い年月により劣化してヒビがはいる、地…

谷板金からの雨漏り

雨が続いてますが普段雨漏りしない家でも豪雨の時に雨漏りするケースはよくあります。
最近も雨漏りの問い合わせが多くなってますが、そんな中でも特に多い雨漏りの事例は、谷周りからの雨漏りです。
銅板の谷は20年も経つ…

谷板金交換工事

梅雨時期は雨漏りの修理の依頼が多くなりますが、その中で特に多い雨漏りの原因は、谷板金の劣化(穴あき)による雨漏りです。
20年くらい前の頃は銅板が主流でしたが、銅は経年劣化により腐食していき、穴があいて雨漏りの原因となります…

その他の屋根工事
その他のリフォーム

コロニアル屋根をガルバニウムカバー工法にて葺替え

阿蘇の山の中にある別荘地の地区0年以上の住宅。
数カ所からの雨漏りがあり、コロニアルもかなり劣化が進んでいて、部分補修よりもカバー工法にての工事を提案させていただきました。
今回使用した屋根材は、ガルバニウム金…

台風が来ても安心な強力棟へ取り直し

雨漏り調査の依頼を受け現調させていただきました。
原因は隅棟の土台の劣化と、土台劣化からの瓦のズレが見られました。
昔の工法は棟の下の土台は赤土や漆喰をよく使われています。長い年月により劣化してヒビがはいる、地…

陶器平板防災瓦にて葺替え

セメント瓦から陶器平板防災瓦へ葺替え

築25年以上のセメント瓦屋根を陶器平板防災瓦へ葺替え。
中古物件を買われたお客様からの依頼。
数箇所の雨漏りがあり、塗装も色落ちし、全体的に古い家の印象なので、葺替えを検討されていました。
これか…

お電話でのお問い合わせはこちら

tel:096-388-8281